福島県レクリエーション協会 公式ホームページ

福島県レクリエーション協会

協会概要

ホーム > 協会概要 > これまでの歩み

これまでの歩み

福島県レクリエーション協会誕生のころ
福島県レクリエーション協会は、昭和44年9月2日に設立されました。
その準備として「福島県レクリエーション協会結成発起人会」が、昭和44年1月31日に開催された記録が残っています。
福島県レクリエーション協会の設立と同時に、福島県レクリエーション指導者クラブが結成され、主に、行政(県)主導のレクリエーション協会と、主に、民間主導のレクリエーション指導者クラブの両輪で、本県のレクリエーション運動は推進されてきました。
事実、昭和54年福島県レクリエーション指導者クラブを発展的に解散し、新生・福島県レクリエーション協会として活動を開始するまで、福島県レクリエーション協会の事務局は福島県教育委員会保健体育課におかれ、同課の指導主事が、事務局長を兼ねていました。

新生・福島県レクリエーション協会
昭和54年、福島県レクリエーション指導者クラブを発展的に解散し、新生・福島県レクリエーション協会として活動を開始しました。
指導者クラブの解散とレクリエーション協会が生まれ変わるきっかけは様々考えられますが、一つには、時代が変化し、行政組織内に、民間団体の事務局を置くことが困難になってきたことに加え、50名を超えない人数で推移してきたレクリエーション有資格者の数が、徐々に拡大し、指導者クラブの中では、その登録・更新事務を負いきれなくなってきたことが考えられます。
具体的に、昭和50年代前半の有資格者数の数字は残っておりませんが、昭和56年には74名、昭和57年には111名、昭和58年には134名、昭和59年には237名となっています。
昭和56年度までは福島県教育委員会保健体育課におかれた事務局も、昭和57年度からは正式に事務局所在地(事務局長自宅)におかれるようになりました。
レクリエーション協会が生まれ変わってまず最初に手がけたのは生涯スポーツの普及でした。昭和55年度以降、「みんなのスポーツ指導者研修会」として、インディアカ、チュックボール、ターゲット・バードゴルフなど、当時ニュースポーツと呼ばれた各種目の指導者研修会が開催され、各種目ごとに「普及員」「普及審判員」「公認審判員」が多数誕生し、これらの方々が、現在の種目団体の形成に大きな役割を果たしました。
昭和56年には「第1回福島県レクリエーション大会」が、福島市にある福島県青少年会館を中心に開催され、その後今日まで続いています。
( 文末 「福島県レクリエーション大会のあゆみ」参照 )
その後、レクリエーション有資格者の数は、200名台から大きく増えることはありませんでしたが、平成10年度以降大きな変化が現れます。
県内に課程認定校が1校増え、毎年100名を超える有資格者が誕生するようになりました。加えて、平成2年度から正式に活動を展開してきた「福祉レクリエーションネットワーク」の働きにより、県内における「福祉レクリエーション」が大変盛んになったこともあり、毎年100名を超す一般養成が行われました。その支援として福島県社会福祉協議会の助成があったと伝えれれていますが、それらを示す書類は、現在では散逸しています。
おかげをもちまして、平成10年度には271名だったレクリエーション有資格者は、平成13年度1,038名まで拡大しました。
平成15年度には、事務局長所在地(事務局長自宅等)におかれてきた事務局を、財団法人福島県青少年会館に置くことになり、現在の事務局体制が整いました。
平成16年度以降、退職校長が2年任期で事務局長職を担ってきましたが、平成22年度の会長の交代に伴い、有資格者が常勤で事務局を担っています。
平成21年度には、設立40周年記念事業を挙行し、平成22年度には、特定非営利活動法人化を果たしました。

特定非営利活動法人福島県レクリエーション協会
東日本大震災からの復興と全国レクリエーション大会への取り組み

平成23年3月11日14時46分に起きた東日本大震災と、その後の原子力発電所の事故により、特定非営利活動法人福島県レクリエーション協会が計画していたすべての計画は大きな変更を余儀なくされました。
平成23年度以降は、被災地での地域コミュニティー再生の支援と、子どもの体力低下防止を含めた被災者に向けたレクリエーション支援を中心とした活動を行っています。
事業数、予算額等は、当初の計画よりも著しく増え、ほぼ毎日のように現場があり、事務局にいても局員同士が10日も顔を合わせないという日があるほどでした。
活動を期待していた有資格者の中には、除染や、災害復興事業に従事することになって思うように活動ができないという有資格者もいました。それでも私たちは、笑顔を届けるために、県内くまなく歩きたいと願ってきました。
平成22年度から平成25年度まで、福島市スタートダッシュ応援事業の研修者受け入れ事業所となり、4年間で、10名の研修生を受け入れ5名の就職に結びつきました。

第68回全国レクリエーション大会2014福島の開催とその後
行政の特段の支援をいただき、平成26年度に第68回となる全国レクリエーション大会(第68回全国レクリエーション大会2014福島)を開催させていただきました。
全国大会の詳細は、コチラからどうぞ。

全国レクリエーション大会の開催に合わせ、事務局には、事務局長1名、事務局次長1名、事務局員3名がいましたが、平成27年度には、事務局長と、事務局次長の2名体制となりました。その後、事業の増加等を受け、平成28年度から常務理事を設置しました。

福島県レクリエーション大会のあゆみ

年度   通算回数 開催地 大会名称
コンセプト : 市町村レクリエーション協会の強化を図る
昭和56年 第1回 福島市  第1回福島県レクリエーション大会
昭和57年 第2回 福島市 第2回福島県レクリエーション大会
昭和58年 第3回 福島市 第3回福島県レクリエーション大会
昭和59年 第4回 会津若松市 第4回福島県レクリエーション大会
昭和60年 第5回 郡山市 第5回福島県レクリエーション大会
昭和61年 第6回 福島市 第6回福島県レクリエーション大会
昭和62年 第7回 いわき市 第7回福島県レクリエーション大会
昭和63年 第8回 鏡石町 第8回福島県レクリエーション大会
平成 元年 第9回 福島市 第9回福島県レクリエーション大会
平成 2年 第10回 会津若松市 第10回福島県レクリエーション大会
平成 3年 第11回 郡山市 第11回福島県レクリエーション大会

コンセプト : 国民体育大会を盛り上げる
平成 4年 第12回 福島市 第1回福島県民スポーツ・レクリエーション祭
平成 5年 第13回 福島市 第2回福島県民スポーツ・レクリエーション祭
平成 6年 第14回 福島市 第3回福島県民スポーツ・レクリエーション祭
平成 7年 第15回 福島市 第4回福島県民スポーツ・レクリエーション祭

コンセプト : 県内各地に生涯スポーツの火をともす
平成 8年 第16回 郡山市 ふくしまスポーツフェスタ1996inこおりやま
平成 9年 第17回 会津若松市 ふくしまスポーツフェスタ1997inあいづわかまつ
平成10年 第18回 原町市(現南相馬市) ふくしまスポーツフェスタ1998inはらまち
平成11年 第19回 須賀川市 ふくしまスポーツフェスタ1999inすかがわ
平成12年 第20回 喜多方市 ふくしまスポーツフェスタ2000inきたかた
平成13年 第21回 二本松市 ふくしまスポーツフェスタ2001inにほんまつ
平成14年 第22回 相馬市 ふくしまスポーツフェスタ2002inそうま
平成15年 第23回 白河市 ふくしまスポーツフェスタ2003inしらかわ
平成16年 第24回 河沼郡(会津坂下町) ふくしまスポーツフェスタ2004inかわぬま
(東北ブロックニュースポーツフェスティバル同時開催)
平成17年 第25回 伊達市 ふくしまスポーツフェスタ2005inだて
平成18年 第26回 田村市・三春町 ふくしまスポーツフェスタ2006inたむら
平成19年 第27回 南相馬市 ふくしまスポーツフェスタ2007inみなみそうま
平成20年 第28回 本宮市 ふくしまスポーツフェスタ2008inもとみや
平成21年 第29回 南会津町・下郷町 ふくしまスポーツフェスタ2009inみなみあいづ
平成22年 第30回 喜多方市 ふくしまスポーツフェスタ2010inきたかた

コンセプト : スポーツ・レクリエーションの新しい流れを創造する
平成23年 第31回 福島市 ふくしまスポーツフェスタ2011
平成24年 第32回 郡山市 ふくしまスポーツフェスタ2012inこおりやま
平成25年 第33回 県内各地 ふくしまスポーツフェスタ2013
平成26年 第34回 県内各地18市町村 第68回全国レクリエーション大会2014福島
平成27年 第35回 福島市 ふくしまレクリエーションフェスタ2015
平成28年 第36回 郡山市 ふくしまレクリエーションフェスタ2016

 

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

特定非営利活動法人
福島県レクリエーション協会

〒960-8153
福島市黒岩字田部屋53-5
福島県青少年会館 5階
Email f-kenrec@bz04.plala.or.jp

TEL024-544-1886受付 9:00~18:00 土日祝休FAX024-572-780024時間受付 年中無休

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休