福島県レクリエーション協会 公式ホームページ

福島県レクリエーション協会

協会概要

ホーム > 協会概要 > これまでの歩み

これまでの歩み

福島県レクリエーション協会誕生のころ
福島県レクリエーション協会は、昭和44年9月2日に設立されました。
その準備として「福島県レクリエーション協会結成発起人会」が、
昭和44年1月31日に開催された記録が残っています。
福島県レクリエーション協会の設立と同時に、福島県レクリエーション指導者クラブが結成され、
主に、行政(県)主導のレクリエーション協会と、主に、民間主導のレクリエーション指導者クラブの両輪で、
本県のレクリエーション運動は推進されてきました。
事実、昭和54年福島県レクリエーション指導者クラブを発展的に解散し、
新生・福島県レクリエーション協会として活動を開始するまで、
福島県レクリエーション協会の事務局は福島県教育委員会保健体育課におかれ、
同課の指導主事が、事務局長を兼ねていました。

新生・福島県レクリエーション協会
昭和54年、福島県レクリエーション指導者クラブを発展的に解散し、
新生・福島県レクリエーション協会として活動を開始しました。
指導者クラブの解散とレクリエーション協会が生まれ変わるきっかけは様々考えられますが、
一つには、時代が変化し、行政組織内に、民間団体の事務局を置くことが困難になってきたことに加え、
50名を超えない人数で推移してきたレクリエーション有資格者の数が、徐々に拡大し、
指導者クラブの中では、その登録・更新事務を負いきれなくなってきたことが考えられます。
具体的に、昭和50年代前半の有資格者数の数字は残っておりませんが、
昭和56年には74名、昭和57年には111名、昭和58年には134名、昭和59年には237名となっています。
昭和56年度までは福島県教育委員会保健体育課におかれた事務局も、
昭和57年度からは正式に事務局所在地(事務局長自宅)におかれるようになりました。

レクリエーション協会が生まれ変わってまず最初に手がけたのは生涯スポーツの普及でした。
昭和55年度以降、「みんなのスポーツ指導者研修会」として、
インディアカ、チュックボール、ターゲット・バードゴルフなど、
当時ニュースポーツと呼ばれた各種目の指導者研修会が開催され、
各種目ごとに「普及員」「普及審判員」「公認審判員」が多数誕生し、
これらの方々が、現在の種目団体の形成に大きな役割を果たしました。

昭和56年には「第1回福島県レクリエーション大会」が、
福島市にある福島県青少年会館を中心に開催され、その後今日まで続いています。
( 文末 「福島県レクリエーション大会のあゆみ」参照 )

その後、レクリエーション有資格者の数は、200名台から大きく増えることはありませんでしたが、
平成10年度以降大きな変化が現れます。
県内に課程認定校が1校増え、毎年100名を超える有資格者が誕生するようになりました。
加えて、平成2年度から正式に活動を展開してきた「福祉レクリエーションネットワーク」のはたらきにより、
県内における「福祉レクリエーション」が大変盛んになったこともあり、
毎年100名を超す一般養成が行われました。
その支援として福島県社会福祉協議会の助成があったと伝えれれていますが、
それらを示す書類は、現在では散逸しています。
おかげをもちまして、平成10年度には271名だったレクリエーション有資格者は、
平成13年度1,038名まで拡大しました。

事務局移転と事務局体制の構築

平成15年度には、事務局長所在地(事務局長自宅等)におかれてきた事務局を、
財団法人福島県青少年会館に置くことになり、現在の事務局体制が整いました。
平成16年度以降、退職校長が2年任期で事務局長職を担ってきましたが、
平成22年度に、門間孝一会長から本多勉会長に交代したことに伴い、
有資格者が常勤で事務局を担っています。
平成21年度には、設立40周年記念事業を挙行し、
平成22年度には、特定非営利活動法人化を果たしました。
また平成22年度には、本県では初めてとなる、
公益財団法人日本レクリエーション協会公認レクリエーション・コーディネーター養成のための
スクーリングを開催しました。

特定非営利活動法人福島県レクリエーション協会
東日本大震災からの復興と全国レクリエーション大会への取り組み

平成23年3月11日14時46分に起きた東日本大震災と、その後の原子力発電所の事故により、
特定非営利活動法人福島県レクリエーション協会が計画していたすべての計画は
大きな変更を余儀なくされました。
平成23年度以降は、被災地での地域コミュニティー再生の支援と、
子どもの体力低下防止を含めた被災者に向けたレクリエーション支援を中心とした活動を行っています。
事業数、予算額等は、当初の計画よりも著しく増え、ほぼ毎日のように現場があり、
事務局にいても局員同士が10日も顔を合わせないという日があるほどでした。
活動を期待していた有資格者の中には、
除染や、災害復興事業に従事することになって思うように活動ができないという有資格者もいました。
それでも私たちは、笑顔を届けるために、県内くまなく歩きたいと願ってきました。
平成22年度から平成25年度まで、福島市スタートダッシュ応援事業の研修者受け入れ事業所となり、
4年間で、10名の研修生を受け入れ5名の就職に結びつきました。

第68回全国レクリエーション大会2014福島の開催とその後

2012年度には、流行に先駆けて「第1回マンカラ交流選手権大会」を開催しましたが、
これは日本において初めて開催したマンカラ大会としてWikipedia「マンカラ」のページに記載されました。

その後、行政の特段の支援をいただき、
平成26年度に第68回となる全国レクリエーション大会(第68回全国レクリエーション大会2014福島)を
開催させていただきました。
全国大会の詳細は、コチラからどうぞ。

全国レクリエーション大会の開催に合わせ、
事務局には、事務局長1名、事務局次長1名、事務局員3名がいましたが、
平成27年度には、事務局長と、事務局次長の2名体制となりました。
また、平成27年度からは、会長の本多 勉が、
公益財団法人日本レクリエーション協会の理事に就任しました。

平成28年度には常務理事を新設し、
公益財団法人日本レクリエーション協会が新たに出してきた
人材養成カリキュラム(29年度カリキュラム)に従った最初のモデル事業を行いました。
また、新規の資格となる「スポーツ・レクリエーション指導者」の養成事業(フルバージョン)を、
全国で初めて開催しました。
あわせて、この年には、福祉レクリエーション・ワーカー養成のスクーリングも開催され、
20名を超す福祉レクリエーション・ワーカーが新たに誕生しました。
平成29年度には教員免許状更新講習会を開催するようになり、
平成30年度からは、公益財団法人日本レクリエーション協会の登録資格となる
レクリエーション・サポーターの養成を、
教員、放課後児童支援員、介護職員などに向け開催するようになりました。

50周年記念とその後

2019年9月2日、福島県レクリエーション協会は創立50年の節目の年を迎えました。
その年の11月には、日本協会の樋口修資理事長をお招きし、50周年記念式典を挙行いたしました。

2009年の40周年記念誌には、こんな文章がありました。
「未来へ」。
これは一時流行した歌のタイトルではありません。
この40周年記念事業を進めているなかで、ずっと私たちの頭の中から離れることのなかった言葉です。
「天地人」。これは、今年のNHKの大河ドラマのタイトルではありません。
何につけ、物事を成し遂げようとするときに大切な「天の時、地の利、人の和」のことです。
福島県レクリエーション協会は、創立20周年の年に、一度記念事業を立ち上げようといたしました。
でも、うまくいかなかった経験を持っています。
きっとそのときには、この「天地人」がそろっていなかったのかもしれません。

20年後の今年、40周年事業の実施にあたり、
「20年前にできなかったことができるのか。」というご批判もいただきました。
そんなとき、私たちの頭の中には「未来へ」という言葉が舞っていました。

初めは、形の見えない霧のような言葉でした。
しかし、一つ一つの仕事が進むうちに、それははっきりとした形を示してきました。
今はまだ、捉えることのできない蝶のように、空を舞っている「未来」は、
いつか必ず私たちの手の中に捉えることができる、いえ捉えなくてはならないものです。

「40周年は通過点。」きっと多くの方がそう語るでしょう。
「なぜ、区切りの良い30周年や50周年ではなかったの?」多くの方がそう問うかもしれません。

私たちは40周年を過去から未来への「変化点」だと考えています。
それぞれに、つらい時代もありました。投げ出したくなったこともありました。
空白の10年もありました。
でも、時代はめぐり、こうして未来を見据えることができるようになりました。

私たちの40周年は、過去との決別でもなく、50周年への通過点でもなく、未来への変化点なのです。

この40周年記念事業を実施するにあたり、
名前を挙げきれないほどたくさんの方々にご協力をいただきました。
心から御礼申し上げます。

ありがとう、大切な仲間たち、ともに「未来へ」。

そして、2019年の50周年記念誌にはこんな言葉がありました。

10年前に発行された40周年記念誌には、
「40周年は、50周年への通過点ではなく未来への変化点」と書かれていました。
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。」と言うダーヴィンの言葉がありますが、
私たちは、10年前のあの時から変化できているのでしょうか?

2011年1月には、特定非営利活動法人として法人化を果たしましたが、
3月には東日本大震災を経験しました。
2014年に全国レクリエーション大会を初めて招致し、
そのレガシーとして2015年から、福島県レクリエーション大会の名称が、
「ふくしまスポーツフェスタ」から「ふくしまレクリエーションフェスタ」に変わりました。
また、さまざまな機関、団体との関係も変化し、
新しい関係が生まれ、新規事業や、全国で初めて行うモデル事業もたくさん受け入れてきました。

それで変化できてきたのでしょうか?

どんなに取り繕ったとしても、参加者が増えなかったり、会員が高齢化したり、
団体数が減少している厳しい現実から目を背けるわけにはいきません。
見方によっては後退しているようにも見えます。
私たちの活動に逆風が吹いているように見えます。
でも、私たちはへこたれてはいないのです。

後退するのは、助走をつけてより高く飛ぶため。
逆風に向かうからこそより高く舞い上がることができます。

多くの先輩たちが築いてくれた50年の歴史の上に、新しい歴史を積み上げるための、
新しい日々がもうすでに始まっています。

40周年は変化点、50周年は区切りの年、そして新しい挑戦が始まる年です。
これからも、特定非営利活動法人福島県レクリエーション協会をよろしくお願い申し上げます。

50周年を迎えた福島県レクリエーション協会は、日本協会との連携を重視しながら、
2021年度に、あの東日本大震災から10年の節目として再び開催することとなった
「第75回全国レクリエーション大会」に向かって準備を進めることになりました。
2020年2月ごろから新型コロナウイルス(COVID-19)がパンデミックを起こし、
福島県レクリエーション協会の各種事業も中止、延期など、大きな影響を受けることになりました。
そのさなか、2020年(令和2年)度の総会において役員が改選され、
7月1日の理事会で新たに新谷崇一が会長に就任し、
副会長には、相馬市レクリエーション協会会長村上精一のほか、
福島大学教授 菅家礼子氏に就任いただくことができ、福島大学との連携も進むことになりました。

 

福島県レクリエーション大会のあゆみ

年度   通算回数 開催地 大会名称
コンセプト : 市町村レクリエーション協会の強化を図る
昭和56年 第1回 福島市  第1回福島県レクリエーション大会
昭和57年 第2回 福島市 第2回福島県レクリエーション大会
昭和58年 第3回 福島市 第3回福島県レクリエーション大会
昭和59年 第4回 会津若松市 第4回福島県レクリエーション大会
昭和60年 第5回 郡山市 第5回福島県レクリエーション大会
昭和61年 第6回 福島市 第6回福島県レクリエーション大会
昭和62年 第7回 いわき市 第7回福島県レクリエーション大会
昭和63年 第8回 鏡石町 第8回福島県レクリエーション大会
平成 元年 第9回 福島市 第9回福島県レクリエーション大会
平成 2年 第10回 会津若松市 第10回福島県レクリエーション大会
平成 3年 第11回 郡山市 第11回福島県レクリエーション大会

コンセプト : 国民体育大会を盛り上げる
平成 4年 第12回 福島市 第1回福島県民スポーツ・レクリエーション祭
平成 5年 第13回 福島市 第2回福島県民スポーツ・レクリエーション祭
平成 6年 第14回 福島市 第3回福島県民スポーツ・レクリエーション祭
平成 7年 第15回 福島市 第4回福島県民スポーツ・レクリエーション祭

コンセプト : 県内各地に生涯スポーツの火をともす
平成 8年 第16回 郡山市 ふくしまスポーツフェスタ1996inこおりやま
平成 9年 第17回 会津若松市 ふくしまスポーツフェスタ1997inあいづわかまつ
平成10年 第18回 原町市(現南相馬市) ふくしまスポーツフェスタ1998inはらまち
平成11年 第19回 須賀川市 ふくしまスポーツフェスタ1999inすかがわ
平成12年 第20回 喜多方市 ふくしまスポーツフェスタ2000inきたかた
平成13年 第21回 二本松市 ふくしまスポーツフェスタ2001inにほんまつ
平成14年 第22回 相馬市 ふくしまスポーツフェスタ2002inそうま
平成15年 第23回 白河市 ふくしまスポーツフェスタ2003inしらかわ
平成16年 第24回 河沼郡(会津坂下町) ふくしまスポーツフェスタ2004inかわぬま
(東北ブロックニュースポーツフェスティバル同時開催)
平成17年 第25回 伊達市 ふくしまスポーツフェスタ2005inだて
平成18年 第26回 田村市・三春町 ふくしまスポーツフェスタ2006inたむら
平成19年 第27回 南相馬市 ふくしまスポーツフェスタ2007inみなみそうま
平成20年 第28回 本宮市 ふくしまスポーツフェスタ2008inもとみや
平成21年 第29回 南会津町・下郷町 ふくしまスポーツフェスタ2009inみなみあいづ
平成22年 第30回 喜多方市 ふくしまスポーツフェスタ2010inきたかた

コンセプト : スポーツ・レクリエーションの新しい流れを創造する
平成23年 第31回 福島市 ふくしまスポーツフェスタ2011
平成24年 第32回 郡山市 ふくしまスポーツフェスタ2012inこおりやま
平成25年 第33回 県内各地 ふくしまスポーツフェスタ2013
平成26年 第34回 県内各地18市町村 第68回全国レクリエーション大会2014福島
平成27年 第35回 福島市 ふくしまレクリエーションフェスタ2015
平成28年 第36回 郡山市 ふくしまレクリエーションフェスタ2016
平成29年 第37回 福島市 ふくしまレクリエーションフェスタ2017
平成30年 第38回 会津若松市 ふくしまレクリエーションフェスタ2018
2019年度(平成31・令和元年度)第39回 郡山市 ふくしまレクリエーションフェスタ2019
令和2年度 第40回 いわき市 ふくしまレクリエーションフェスタ2020
第40回大会 ふくしまレクリエーションフェスタ2020は
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中止となりました。

 

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

特定非営利活動法人
福島県レクリエーション協会

〒960-8153
福島市黒岩字田部屋53-5
福島県青少年会館 5階
Email f-kenrec@bz04.plala.or.jp

TEL024-544-1886受付 9:00~18:00 土日祝休FAX024-572-780024時間受付 年中無休

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休