福島県レクリエーション協会 公式ホームページ

福島県レクリエーション協会

お知らせ

ホーム > 2021 > 2月

感染症予防のためのおすすめグッズ

コロナ禍の中、医療関係者のみなさま、
エッセンシャルワーカーのみなさまに
心から感謝申し上げます。

 

さて、福島県レクリエーション協会が現在使用している
感染症予防のグッズをご紹介します。
これらのグッズの多くは、
福島県の
「スポーツ・レクリエーション活動の
リスタート事業助成金」
の支援をいただいて
そろえることができたものです。
心から感謝しています。


1 消毒液のディスペンサー

左側のディスペンサーは体温も測定できるものです。
ポンプ式よりはるかに衛生的です。

CIMG2452

 


2 殺菌液「K-ガード+9」(河野薬品株式会社)

食品添加物でもあり安全な「次亜塩素酸ナトリウム製剤」です。
東日本大震災のころから重宝して使っています。
CIMG2459


3 紫外線殺菌ライト

私たちの活動では、布製品も多く使うので、
それ等の殺菌のために使っています。
殺菌作用のあるUV-3 が出ているようです。
(信じて使っています)

CIMG2447 CIMG2449


4 マウスガード(株式会社アーテック)

アーテック製のものは、少しだけ高さが高いようで、安心感があります。
現場では演習の時など、受講者の表情を観察したいときに使ってもらっています。
今は、講師が、これだけで現場を行うことはほぼありません。

CIMG2445 CIMG2446

 

5 フェイスガード「COOKAI」(株式会社ウォンツ)
レクリエーション現場のフロントに立つときには、表情が重要になるため、
さまざまなフェイスシールドなどを試してきましたが、
未だ、これに勝るものには出会うことができません。
締め付けられる感覚や、耳に引っかかる感じもなく、
眼鏡を着用していても違和感がありません。
パフォーマンスをしてもぶつかることもなく、
声が変に反響してくる感じもありません。
レクリエーション指導者のために開発されたのではないかと疑うほどです。
お安くはない商品ですが、「使うのならこれ!」という商品。
福島県レクとしては、イチオシのグッズです。

CIMG2457 CIMG2455

CIMG2456

 

 

6 透明マスク(株式会社富樫縫製)
フェースシールドや、マウスシールドははどうしても苦手!
でも、表情は出したいというときに、
比較的お手軽にお使いいただける透明マスク。
もともとは、保育士さんたちの要望で作られたものだそうです。
製造の富樫縫製は福島県二本松市の会社。袋入りで税込み550円。
県産品なので、福島県レクでもおすすめ。
コスパ的にも使いやすいグッズです。
現場では、きっとこれからの主流になる予感です。

CIMG2453

 

 

7 ヘッドセットマイク
インターネットで見つけたものですが、最高でした。
USBで充電ができ、受信機をスピーカーの入力端子につなげば、
ワイヤレスマイクとして機能します。
受信部は、通常のマイクのジャックに対応できるようになっているので、
マイクが使えるポータブルアンプにもつなぐことができます。
今、県レクではSONYのSRS-XB43とセットで使っています。

CIMG2437 CIMG2438

 

CIMG2440 CIMG2443

 

CIMG2441

 

 

8 二酸化炭濃度測定器(株式会社東亜産業)
最新の秘密兵器です。
2021年、スポーツ庁からいただいた文書に
気温18℃、湿度40%、二酸化炭素濃度1,000ppm、という
基準が出ました。
早速、二酸化炭素濃度測定器を準備してみました。
1,200ppmでアラームが鳴るので、
換気の目安になり、大変便利です。
これまで使った現場では、2回アラームが鳴りました。
アラームが鳴ると、寒くてもみんな窓を開けてくれます。
密を避ける意味で、換気を呼びかけるためにもとても便利なグッズです。

CIMG2435

 

コロナ感染予防のために

コロナ禍の中、医療関係者のみなさま、
エッセンシャルワーカーのみなさまに
心から感謝申し上げます。

 

福島県レクリエーション協会では、
各種事業実施のために、マニュアルを作成して、
感染予防に努めています。
受付の際の手順をご紹介します。

1 上履きへの履き替え
会場が外履きOKの会場でも、
会場内では上履きに履き替えていただきます。
もちろん、会場についた時点で、
マスクの着用100%に加え、うがい手洗いを
お願いしています。

20200802_091424 20200802_091430

2 手指の消毒、検温
うがい、手洗いをしてもらった後ですが、アルコールなどの除菌液等での
手指の消毒をお願いし、検温してもらいます。
検温の結果は、受付後、個人票に記入いただき、
個人票は1か月間保管したのちに焼却処分しています。

20200802_091456 20200802_091510

3 物理的距離を取った受付
受付のために、並んでいただく必要があるときには、一定の距離にマークを付けて
物理的距離を取って、並んでいただきます。

20200802_091625

もっとも、今は受付に並んでいただくことはありません。

次のような手順で受付をしています。

1 主催者が、いすに「受付票(個人票)の用紙」と
「参加費(受講料)を入れる封筒」を準備しておく。
2 参加者は、検温が終わったら、自由に椅子に座り、
「受付票(個人票)」を書き、
封筒に「参加費(受講料)」を入れ(お釣りも明記)、
必要書類(履修カードや参加確認カード)と一緒に、
指定された場所に置く。

このように、手順を変えただけで、
受け付けに並ぶ人がいなくなり、
密が回避されました。

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

特定非営利活動法人
福島県レクリエーション協会

〒960-8153
福島市黒岩字田部屋53-5
福島県青少年会館 5階
Email f-kenrec@bz04.plala.or.jp

TEL024-544-1886受付 9:00~18:00 土日祝休FAX024-572-780024時間受付 年中無休

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休